月別アーカイブ: 2017年6月

WiMAXと言いますのは…。

先々WiMAXを購入するつもりなら、やっぱりWiMAX2+のギガ放題にしましょう。通信速度が速いのは勿論の事、WiMAXのモバイル通信エリア内でも使用できるようになっていますので、繋がらなくてイライラするということがありません。

WiMAXと申しますと、いつの時代もキャッシュバックキャンペーンが大人気ですが、最近の傾向として月額料金を抑制できるキャンペーンも人気を集めています。

自社で通信回線を持たないプロバイダーは、本家本元とされるUQWiMAXから通信回線等を借りるためのコスト以外要されないので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は安いと断言できます。

モバイルルーターの販売合戦の為に、キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダーも見られます。キャッシュバックを含めた料金を比較し、お安い順にランキングにしてご披露いたします。

WiMAXと言いますのは、モバイルWiFiルーターという端末の一種であり、屋内でも外出している時でもネットに接続でき、更に月々の通信量も無制限とされている、非常に評価の高いWiFiルーターだと言えます。

WiMAXモバイルルーターと申しますのは、運搬が容易にできるようにということで製作された機器なので、ポケットなどに容易に納まるサイズとなっておりますが、使用するという場合は前もって充電しておかないといけません。

「ポケットWiFi」というネーミングはソフトバンク(株)の商標でありますが、大体「3Gであったり4G回線を介してモバイル通信をする」という時に必要とされる小さいWiFiルーター全体のことを意味すると考えて良さそうです。

私が推奨しているプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に届きそうな金額にしていますので、モバイルWiFiの月額料金が他と比べて高いとしましても、「トータルで見るとお得だ」ということがあり得るというわけです。

ドコモとかYモバイルに設定のある速度制限を受けますと、下り速度が128kbpsになってしまいますが、この速度になりますと、画像や文章などのコンテンツが多いサイトのTOPページを開くというだけで、25秒前後は必要になるはずです。

現状LTEが使用できるエリアは狭いですが、エリア外におきましては自然に3G通信に切り替わりますので、「接続できない!」といったことはないと思ってもらって構いません。

WiMAXのサービスエリアは、ジワジワと時間を使って拡大されてきたわけです。それがあって、今では街中はもちろんのこと、地下鉄駅などでも繋がらないということがないレベルにまで達したのです。

「WiMAXを買うつもりだけど、サービス提供エリア内かどうかが分からない。」という方は、「15日間無料トライアル」サービスがありますから、その無料サービスをぜひ活かして、常日頃の生活圏内で使ってみることをおすすめします。

ご存じないかもしれませんが、「ポケットWiFi」という文言はワイモバイルの登録商標となっています。しかしながらWiFiルーターのひとつということもあって、現実の上では一般の名詞の様に扱われています。

速度制限を設けていないのはWiMAXのみというイメージかもしれないですが、ワイモバイルにも通信方式を替えることにより、速度制限なく使用できる「アドバンスモード」という特別なプランがあります。

WiMAXに関しては、大元のUQは勿論のこと、MVNOと称される会社が営業展開しています。当然速さだったりサービスエリアが違うことはあり得ないですが、料金やサービスはバラバラです。