高速モバイル通信」カテゴリーアーカイブ

自宅はもとより…。

WiMAXの新鋭版として登場してきたWiMAX2+は、従来型の3倍もの速度でモバイル通信を行なうことが可能です。この他通信モードをチェンジすることにより、WiMAXとWiMAX2+ばかりか、au 4G LTE回線も利用可能になるのです。

以前の通信規格と比べてみても、実に通信速度がアップしていて、いろんなデータをあっという間に送受信できるというのがLTEの良い所だと考えます。今のニーズにマッチしている通信規格だと思います。

オプション扱いにはなりますが、WiMAXのサービスエリアの外でも、高速通信で有名なLTE通信が利用可能な機種もあるので、ズバリ申し上げてこちらの機種1台があれば、日本の様々な地域でモバイル通信が可能だと言えるでしょう。

月々のデータ使用量に制限のない「ギガ放題」以外に、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされているのです。このプランの場合ですと、「データ使用量の制限は7GB」とされております。

WiMAX2+は、平成25年より市場に提供され始めたWiFiサービスなのです。従来のWiMAXと比べて通信速度などがUPしており、著名なプロバイダーが一歩先行くWiMAXとして、一生懸命セールスしているのです。

ワイモバイル(ソフトバンクのモバイル通信ブランド)の「ポケットWiFi」については、WiMAXほど速くはないですが、その周波数のお陰で電波が届きやすく、建物の中にいても快適に視聴することができるということで高評価されています。

WiMAXが使えるのか否かは、UQコミュニケーションズが一般公開している「サービスエリアマップ」を利用したらわかります。住所での確認に関しては、「ピンポイントエリア判定」を行なってみれば判定できると思われます。

自分なりにワイモバイルとWiMAXという人気の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種に関しての下り最大速度を除外したほぼすべての項目で、WiMAXの方が優れていることがはっきりしました。

ポケットWiFiに関しては、携帯同様端末本体が基地局と無線にて接続されますので、煩雑な配線などを行なうことは全く不要ですし、ADSLだったりフレッツ光を契約した時の様なインターネット開通工事も要りません。

ご存じなかったかもしれませんが、「ポケットWiFi」と申しますのはワイモバイルの登録商標となっているのです。ただWiFiルーターの一種であるという理由から、現在では一般の名詞だと認識されているようです。

自宅はもとより、外にいる時でもネットに繋げられるWiMAXではありますが、現実問題として自宅以外で使うことはないと言われるなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりもご自宅用のルーターの方が良いと考えています。

モバイルWiFiを持ちたいという希望があるなら、月々の料金やキャッシュバックキャンペーンにつきましても、十分認識した状態でチョイスしないと、その先必ず後悔するでしょう。

プロバイダーが個々に提示しているモバイルルーターの1ヶ月の料金やキャンペーンを比較して、ランキング一覧を作りました。これからルーターを買うという方は、今直ぐ閲覧してみてください。

モバイルWiFiルーターを選ぶという時に、必ずしっかりと比較していただきたいのがプロバイダーなのです。プロバイダー一つで、販売しているモバイルWiFiルーターの機種や料金が相当異なるからです。

「WiMAXのエリア確認を実施してはみたけど、その結果通りに使用できるのか?」など、貴方が常日頃PCを利用している所が、WiMAXを使うことができるエリアかエリアじゃないのかと頭を悩ませているのではないでしょうか?