WiMAX2+」カテゴリーアーカイブ

「ポケットWiFi」というのは…。

「WiMAXを購入しようと思っているけど、モバイル通信可能エリア内か否かがわからない。」と考えている場合は、15日間の無料お試しサービスがあるので、そのサービスを有効に活用して、日々の生活で使用してみた方が後悔しなくて済みます。

WIMAXの「ギガ放題プラン」でしたら、1ヶ月のデータ通信量には上限がありませんし、キャッシュバックキャンペーンを有効利用すれば、月額料金も3千円台程度にセーブ可能ですから、一番おすすめのプランだと思っています。

「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが市場提供している全WiFiルーターを指している」というのが正しいのですが、「いつでもどこでもネットを可能にする端末すべてを指す」事の方が多いと言えます。

WiMAX2+も、通信サービス可能エリアが少しずつ広くなってきています。当たり前ですが、WiMAXの通信サービスエリアならば、以前同様のモバイル通信ができるのですから、速度を気にすることがなければ、何の問題もないはずです。

WiMAXモバイルルーターと言いますのは、申し込みをする際に機種を選択でき、ほとんどの場合出費なしで手に入れることができます。ただし選択の仕方を間違えると、「想定していたエリアがサービス外地区だった」ということが結構あるようです。

「速度制限なし」というのはWiMAXだけという印象をお持ちかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式をチェンジすることで、速度制限に見舞われることなく使える「アドバンスモード」という名前のプランがあります。

「WiMAXのエリア確認にトライしてみたけど、実際に使うことができるのか?」など、自分自身が連日ノートパソコンを使用しているゾーンが、WiMAXを使用することが可能なエリアなのか否かと頭を悩ましているのではないでしょうか?

長くWiMAXを使用しているわけですが、新たな気持ちでモバイルWiFiルーターを比較し、「現実満足できる一台はどれになるのか?」を見定めてみたいですね。

DoCoMoだったりY!mobileなら、3日間で1GBを超えてしまうと、定められた期間速度制限がなされますが、WiMAX(ノーリミットモード)だとしたら、それらの制限は設けられていません。

WiMAXを進化させた形で発売されたWiMAX2+は、旧モデルであるWiMAXの3倍という速度でモバイル通信を行なうことが可能です。それに加えて通信モードをチェンジすることにより、WiMAXとWiMAX2+は言うまでもなく、au 4G LTE回線も使用可能なのです。

高速モバイル通信として高評価のWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、こちらの機器だと、速度制限を受けても下り速度が1〜6Mbpsはキープされますから、YouToubeの動画くらいは視聴できる速度で利用可能だと考えていいでしょう。

モバイルルーターの購入に対し、キャッシュバックキャンペーンを前面に打ち出しているプロバイダーも幾つか存在します。キャッシュバック分を相殺した料金を比較検証してみた結果をランキング一覧にしてみました。

毎月のデータ使用量が無制限と謳われている「ギガ放題」の他に、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在します。こちらのプランの場合は、「データ使用量は7GBまで」となっているのです。

ワイモバイルのポケットWiFiを今日初めて使ってみたのだけど、今まで持っていた概ね同様のサービス展開をしている同業他社のものと比べましても、通信品質などの点は遜色ないと実感することができました。

モバイルWiFiルーターというのは、契約年数と一ヶ月の料金、且つ速さを比較してチョイスするのがポイントになります。もう1つ使うことになる状況を予測して、通信サービスが可能なエリアを調査しておくことも必要だと考えます。